<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


排卵誘発剤クロミッド


排卵日を知ることは、妊娠を希望する女性にとって重要なことでしょうが、実際は、正確に把握するのはなかなか難しいものです。ある程度排卵日を予測しながら夫婦生活をいとなんでも、なかなか妊娠しない、という場合の対策の一つとして、排卵誘発剤を服用する方法があります。排卵誘発剤で良く知られているものに、クロミッドがあります。クロミッドは、排卵誘発剤クロミフェンの商品名で、クロミフェン製剤が経口製の排卵誘発剤の総合的な名前です。

その中でもクロミッドはもっとも広く処方されている薬です。視床下部の脳下垂体に働きかけ、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌を促する効果があります。排卵誘発剤と呼ばれていますが、正確には、排卵させる効果よりも卵を成熟させるための薬とされています。通常、1錠(50mg)から服用を始め、月経が始まってから5日目、あるいは3、4日目から5日間、続けて内服します。卵胞発育が見られない症例では次回から、2錠、あるいは3錠と増量していくことになります。

服用することで排卵日が安定し、約80%は投与開始後から、12〜14日ごろに排卵します。卵が十分に成長しているのに自然排卵が難しいときには、hCGという注射で排卵の手助けをすることになります。クロミッドは、一時期、魔法の薬のように思われ、広く服用する人がいたようですが、最近、頭痛や吐き気など、いくつかの副作用が指摘されるようになっています。

この薬には「子宮内膜が薄くなる」、「経管粘液が減少する」などの問題点があり、クロミッドの使用期間が長くなるにつれて、こうした副作用の発生頻度が高くなるようです。また、この薬を用いて妊娠した場合には、通常の妊娠より流産率が少し高くなる、とも言われています。まず子宮性無月経でないなど、この薬が適するかどうかを確かめ、段階的に服用量を増していくので、医師(産婦人科医)の指導を守って服用することでしょう。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.