<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


チェック方法A


最近は、ネットでも、簡単に排卵日がチェックできるようになりました。最終月経開始日、月経周期日数、高温期日数、などを入力すると、自動的に排卵日を算出してくれるようなものが、いくつかのサイトで利用できます。ただ、こうしたものはあくまで平均的な日数計算で、実際は個人差があるものです。正確な予定日は、やはり産婦人科の専門医に相談することです。

病院で排卵日をチェックするには、基礎体温のチェックなどを行っていなくても、検査は可能ですが、出来れば、基礎体温のチェックを行っておいた方が良いでしょう。医師は基礎体温表を見て、まず患者がどのような状態であるかを知ることができます。そして基礎体温表を見せることで、医師の排卵予測もより正確に近くなります。

基礎体温表をつけていないなら、渡されて明日から計るようにと言われることが多いようです。むしろ、基礎体温表について何も言わない医師は、信頼できないと考えた方が良い、という声もあります。通常は、次回生理予定日の大体2週間前が排卵なので、余裕を見て、次回生理予定日の16〜18日前頃に受診するのが良いでしょう。

病院では、超音波で、卵胞の大きさや、子宮内膜が厚くなる様子を調べることができます。性格に排卵日を知りたいのなら、病院に相談してみるのも1つの方法でしょう。ただ、病院だと、どうしても費用がかかりますし、相談しづらいということもあるでしょう。この場合男性も理解を示し、協力してあげることが大切となります。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.