<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


チェック方法@


排卵日を自分でチェックするのに一番大切なのは、毎日基礎体温をチェックすることです。基礎体温を毎朝測り、グラフにしていくことで排卵日を推測することが可能です。ただ、数日でできることではありません。少なくとも3ヶ月は計測し、自分の基礎体温の傾向を知ることで排卵日がチェックできます。専用のグラフも市販されていますし、サイトで、ダウンロードできるところもあります。

基礎体温のチェックで、ある程度排卵日が予測できれば、ここで、市販の検査薬を使えば良いでしょう。唾液で検査するもの、尿で検査するものなどがありますが、使い方は簡単です。ドラッグストアなどで市販されており、唾液検査の薬で1週間分が3,000円程度で購入できます。尿検査の商品だと1回が400〜500円位です。

排卵の可能性がある時期に検査薬を使えば、さらに確実なチェックが出来るでしょう。検査薬は、長期的に使うと、結構出費が重なるので、普段の検査に唾液検査を用い、唾液で陽性が出たら、尿検査を併用する、というのが効率的なチェック方法でしょう。この方法だと、頻繁に尿検査を行う必要がなくなります。

多少の個人差はありますが、おりもの検査や基礎体温のチェックをしている人は、普通の人に比べ、排卵日に排卵痛(中間痛)を感じる人が多いといわれています。排卵痛(中間痛)は、排卵の前後に起こる下腹部の痛みの事で、わずかに出血を伴う場合もあります。また、排卵日が近づくと、胸などが張る人も多いようです。こうした点もチェックすべきところでしょう。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.