<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


計算方法A


簡単に排卵日を計算するには、自分の生理周期から14日を差し引けば良い、と言われます。まず、基礎体温を測ることです。一般に出回っている基礎体温表や書籍でも、最低体温日が排卵日、としているものが多いものです。ただ、実際に排卵がおこった時期は、必ずしも最低体温日に排卵するわけではなく、その翌日の方が頻度が高いことが、最近の統計データなどからわかっているようです。

大まかに頻度を見てみると、最低体温日前日5%、最低体温日22%、最低体温日翌日(低温相最終日)40%、最低体温日翌々日(高温相初日)25%、となっています。こうした事実も頭に入れておいたほうが良いでしょう。しかし、これで見ても、排卵日の前日から排卵後3日までの5日間が、最も妊娠しやすい、と言うことにはなるようです。

排卵日の計算は、生理日から数えるのが一般的です。最近は、ネットでも、排卵日の計算式を紹介しているところもあり、こうしたものを利用して排卵日を計算している人もいます。しかし、なかなか正確な排卵日を知ることは難しく、大体いつごろ、と言うくらいしか把握できないものです。

女性の身体はとてもデリケートですし、周りの生活環境でも少なからず影響を受け、体調によっても排卵の可能性が高い日は左右します。昔から知られているオギノ式の計算法でも、妊娠チェッカーでも、確実性な排卵日は把握できません。結局、いろいろな方法を組み合わせて、綿密に排卵予定日を推測することになります。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.