<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


計算方法@


赤ちゃんを授かるカギを握るのは、やはり、排卵日に合わせて精子を送り込むことです。そのためには、妊娠が可能な排卵日を計算し、その時期に夫婦生活をいとなむことになります。排卵日を計算するには、まず基礎体温をはかることが基本とよく言われます。個人差はありますが、月経周期はふつう26〜35日くらいとされています。

正常な人の場合、基礎体温を図ってグラフにすると、低温期と高温期に分かれるのがわかるものです。そして、低温期が終わるころ、一度体温が急に下がることもあります。それから高温期に入るのですが、排卵日は、このときから高温期にかけてが目安となります。3ヵ月くらい基礎体温を図ると、自分のリズムが把握できるようになるでしょう。

勿論、これで正確な排卵日や時間を特定することができるものではありませんが、排卵日だけでなく、体のコンディションも把握できます。この、基礎体温の把握と、おりものを調べることで、もう少し詳しく排卵日を計算できるようです。低温期の最終日の頃におりものが透明で粘っこい感じが増えてきたら、自分の指ですくって調べてみます。

おりものが、10cm以延びるようだったら、かなり排卵が近いと判断して良いようです。排卵日を知るための検査薬も、最近では数多く市販されています。現在のこうした検査薬は、結構正確に排卵日を計算できるものなので、こうした検査薬を併用すれば、より正確に排卵日を知ることができるでしょう。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.