<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


予測方法A


妊娠するには、精子と卵子がタイミングよく出会い、受精することが第一条件となります。週に2〜3回くらい、コンスタントに夫婦生活をいとなんでいる夫婦だと、結婚後1年以内に約80%位の確立で妊娠するといわれています。しかし、何がしかの不妊要因があるカップルや、夫婦生活があまり活発でないカップルは、妊娠の確率を高めるために排卵日を予測することが大切になります。

排卵日を予測する方法で一番知られているのは、やはり基礎体温を測ることでしょう。基礎体温の変化を継続して記録することで、排卵日を知る手がかりになるのです。基礎体温は、排卵が正常に行われているかを知る手段にもなり、自分の体が正常に機能しているかを確認するのにも役立ちます。

基礎体温は毎朝、目を覚ましてすぐ、起きあがる前に測り、基礎体温グラフに記録します。基礎体温の計り方のポイントとして、・規則正しい生活をこころがけ、毎日5時間以上睡眠をとり、ほぼ決まった時刻に目を覚ます。・枕元に婦人体温計と基礎体温表、筆記具を用意しておく。・目覚めたらすぐ、仰向けに寝たまま舌の下側に体温計をはさみ、体温を計る。・測ったらすぐに、基礎体温表に記入し、併せて身体の状況も記入する。

これを6ヶ月から1年間続けなければいけないので、根気のいる作業ですが、記憶装置付き基礎体温計など便利なものもあります。正常な基礎体温のグラフは、排卵後に10日以上の高温期がつづくのですが、高温期が21日以上続く場合、妊娠の可能性があります。妊娠後には、流産の可能性もありますし、他にも内科的な病気が隠れているかも知れません。すぐに病院で診てもらうべきでしょう。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.