<不妊治療@人気ランキング>

1位  【妊娠成功ガイドブック】
20年間で13,000人の妊娠成功の実績!不妊症周期療法の第一人者譚定長先生による、「自宅でできて体にも経済的にも優しい方法です!」。口コミを中心に大人気。
2位  【不妊症でも自然妊娠で元気な赤ちゃんを授かる方法】
「不妊治療ではなく、自然妊娠で子供を授かるのは簡単です。」このマニュアルを実行して1年以内に妊娠しなかった場合には、全額返金保証付きなのも嬉しい。
3位  「病院に行く必要のなくなる!」おめでた妊娠術
病院の先生に見放された不妊の方でも、短期間で妊娠することに成功した奇跡の方法。1年間のメールサポートが心強い。

>> ランキングの続きはコチラから


間脳の仕組み


私たちの体内で、日々の生活能力や生命を維持するための重要な機能、自律神経やホルモンの働きを司っているのは、「視床下部」と呼ばれる両目と両耳からの直線がぶつかるあたりの脳の中央にある「間脳」の底の部分です。

「間脳」はその名の通り、右脳と左脳のちょうど中間、大脳半球に囲まれた位置にあり、「視症脳」と「視症下部」、それに「脳下垂体」の3つの部位から構成されています。我々の喜怒哀楽をコントロールする他、多種多様の重要な役割を担っています。「視症脳」は嗅覚以外の全ての感覚、視覚や聴覚をはじめ、身体の各部から集まる知覚伝導路が中継されるところで、私たちが目や耳などで感じた事はここから大脳に伝えられます。又、脳から出された指令もここを経由する仕組みになっており、まさにトランジットセンターと言う訳です。

一方「視床下部」は、重さ僅か4グラム程度、大きさにすると小指の先ほどだそうですが、様々な自律神経系の総合的中枢があり、損傷すると生命維持がかなり困難になります。体温調節や下垂体ホルモンの分泌調整、水分代謝の調節などを司るのがこの部分だからです。因みに、食欲や性欲をコントロールしているのも視床下部です。

そして、「脳下垂体」は視床下部の真下に繋がった状態で存在します。大きさは1センチ程度で、数多くのホルモンを分泌する重要な機関です。前方を占める「前葉」と後ろにある「後葉」とに分けられ、前葉からは、卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンの他、甲状腺刺激ホルモンや副腎皮質刺激ホルモン、成長ホルモン、乳汁産生ホルモンなどが、又、後葉からは抗利尿ホルモンやオキシトシンなどが分泌される仕組みになっています。

子供が欲しい方必見!排卵と妊娠の関係は??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当サイト人気コンテンツ

★ 症状について@
★ 生理周期の仕組み
★ 産み分けとの関係
★ 予測方法A
★ 計算方法@


Copyright (C) 2008 排卵日@情報館 All Rights Reserved.